CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Skypeのオープンな提携戦略の強さ
CNET Japan Blog - 渡辺聡・情報化社会の航海図:プラットホーム化するSkype:アリエル・ネットワーク徳力基彦氏、Skype社Vincent Shortino氏インタビューを読んで。

 珍しくインタビューされる側になったので、自分の記念もかねて、トラックバックしたいと思います。


 Skypeが日本で話題になるようになったのは、まだここ数ヶ月のことですが、実際Skype自体がβサービスを提供し始めたのが去年の8月、本サービスを提供したのもまだ今年の7月のことというのをついつい忘れてしまいますね。

 そのスピードを支えているのが、彼らのコンセプトが非常に明確な点だと感じます。


 「良い製品を作る」「それをコストをかけずに配布する」とCEOが発言していたのが強く記憶に残っていますが、彼らが現在注力しているのは、とにかく徹底的にコミュニケーション部分だけです。

 一般的なVoIPシステムを開発している企業は、最初から非常に複雑なシステムを作ろうとする傾向があります。
 例えばテレビ会議システムにしてみたり、ホワイトボードのようなものをつけてみたり、既存のPBXを置き換えられる仕組みにしてみたり。
 
 有料でサービス提供をプランするために、既存の電話よりも付加価値を模索するため、どうしてもそういう傾向になりがちなのでしょう。
 自然と、全てのシステムを自社で囲い込むために作りこむ形になりがちです。

 
 ところが、Skypeが注力しているのは、とにかく低コストで便利な音声通信を可能にすることです。
  
 それ以外の点はオープンに広くあまねく提携する形を取っています。
 そうすることによって、スピードを落とさずに現在の展開を続けることが出来るのでしょう。


 そのことを更に加速するための手段が、今回の渡辺さんの記事のテーマになっているAPIのアプローチになるだろうと思われます。

 APIを使えば、VoIPやチャットの周辺にある関連製品は、どんな企業でもSkypeとの連携を容易に検討することが出来ます。
 おそらく今後も「コンタクトリスト」的な電話番号や人という属性を持ったソフトウェアは、グループウェアに限らずほとんどの製品がSkypeとの連携を模索していくことになるだろうと感じます。

 もちろん、それによってSkypeは様々な収益機会を自社からは逃すことになるのでしょうが、興味の無い分野はパートナー企業に任せることで、早期に多くの顧客のニーズを満たす製品にすることができます。
 キャズム理論で言うところのホールプロダクトですよね。

 ライブドアが販売を開始したサイバーフォンKのような、ハードウェアが特に今後は注目ですね。


 とにかく一芸に秀でて、それをもとにして周囲を巻き込んで伸びていくというのはGoogleと同じような遺伝子を感じてしまいました。
 
 はたして今後Skypeがどこまでこの勢いで行ってしまうのか分かりませんが、おそらく来年は更に多くの企業がAPIを使った連携を始めるんでしょうね・・・同じ(?)P2P企業としては、楽しみなような、ちょっと寂しいような・・・(笑)
| P2P | 22:55 | - | trackbacks(1) |
法律と技術の矛盾とP2PネットラジオMercora
P2Pとネットラジオの融合--合法的音楽共有サービスの可能性 - CNET Japanを読んで。

 この記事に出てくるMercoraは、法律と技術の矛盾をついた実に興味深いサービスです。


 何しろ、Mercoraを使うと利用者全員のPCがラジオの放送局になってしまうわけです。しかも著作権料を支払っている実質公認サービス。

 放送する側としては利用者は曲を決めてオンデマンドで流すわけではないので「ラジオ扱い」なのですが、放送局が何百万にも増えれば、その分その瞬間に聞きたい曲を実質には「オンデマンド」で聞けるようになるというモデルになっています。

 Mercoraについては以前に私もコラムを書いたことがあるのですが、実はCNETの梅田さんに教えていただいたという経緯があります。
 その時に感じたのは、これを日本でやろうとしたらどうなるんだろう?という点。


 ちなみに、タイミングよく、先日P2P関連の勉強会で一橋大学大学院の福島さんの著作権に関する講演を聞いてきました。

 その講演では、P2Pファイル共有ソフトを巡る海外と日本の訴訟問題の違いなどを紹介してくれたのですが、その時に印象に残ったのが米国と日本の法律に対する考え方でした。

 米国を中心として欧米の場合は、違法と適法の線引きとなる考え方が実に明確のようです。
 その線を越えないように事前にプランを立てれば、裁判で負けるリスクもかなり低い。Napsterは最初の出来事だったため裁判で負けましたが、その後に出てきたほとんどのファイル共有ソフトはNapsterの敗訴理由を回避する形で適法の形を取ることができています。
 
 今回CNETの記事で紹介されているMercoraも、そういうコンセプトの土壌から出てきたものと感じます。
 もちろん、Mercoraもこれから訴訟にさらされるリスクはあるようですが、現時点での法律判断としては適法というものです。


 ではMercoraのようなサービスを日本で実施したらどうなるか?
 というと、それは非常にグレーでしょう。

 先日の講演を聴いても、結局、日本では違法と適法の線引き自体が非常にあいまいという印象を受けました。

 全米であれだけブームを巻き起こしているiTunesすら、いまだにサービスを開始することができていませんし。
 Winnyの開発者は、欧米で適法とみなされているものと類似の仕組みを取っているにもかかわらず逮捕されました。

 結局、日本の場合はあとから訴訟を受けるリスクを考えると、Mercoraのような法律と技術の矛盾をついたサービスは始めづらいということになりそうです。(そもそもJASRACに申請が通るのかどうかも不明ですし)
 
 Hotwiredの小倉弁護士のブログでも「汎用的なP2Pネットワークにおいて著作権侵害ファイルを排除するのは難しい(というか事実上不可能)」と、著作権付ファイル専用のP2Pネットワークの提案などをされています。

 本当、こんな感じでは音楽だけでなく、写真にしても動画にしても著作権がらみの新サービスは日本からは生まれそうにないなぁ・・・と思ってしまった今日この頃でした。


 どっちにしても海を越えてMercoraみたいなのを使えてしまうので、日本個別で法律論議をして無理矢理現状を維持しようとしても、事業環境自体が変わってしまうのは時間の問題のような気がするんですが・・・
 
 ちなみに、レコミュニが日本ではMercoraのような役割を果たすのかと期待していましたが・・・どうもK's Diaryの記事なんかを見る限り、現状は厳しいようです。

 なかなか日本の音楽配信関連は難しいですね。
| P2P | 08:40 | - | trackbacks(26) |
[P2P]Skypeが企業向けVoIP市場に参入へ を読んで
Skypeが企業向けVoIP市場に参入へ - CNET Japanを読んで。

 P2P電話のSkype(スカイプ)が、いよいよ企業向けIP電話市場を明確にターゲットにするようだ。


 ここ数ヶ月のSkypeの認知度向上は目覚しいものがある。
 IT系の雑誌はおろか、週刊ダイヤモンドや朝日新聞、ついには週刊プレイボーイにまで掲載されてしまった。


 さて、やはりここで気になるのは「はたしてSkypeは企業で電話の代わりになるのか?」ということじゃないだろうか?

 朝日新聞に25万人と出ていたが、現在Skypeを使っている人の多くはテクノロジーへの興味で「試した」人が中心なのが実態ではないかと言われているし、実利用の中心は、主に海外とのやり取りだと考えられる。
 ただ、電話市場の中で国際通話の占める割合は非常に小さい。
 国内電話の料金はプロバイダ型のIP電話の登場によりかなり低水準まで既に下がっているので、無料電話目当てだけでSkypeの普及が急速に進むとは思えない。

 私も5月ごろ某情報サイトのコラムでSkypeを取り上げたが、正直な話、当時は実利用での普及にはまだしばらく遠いのではないかと思っていた。


 でも、案外、国内でもSkypeが早くに普及する可能性はあるんじゃないだろうか。

 Skypeのようなソフトフォンの最大のデメリットは、PCのような端末に依存している点だ。だからいろんな批判的な意見がある。

・電話をするのにはヘッドセットなどの機器が必要だし(⇒かかってきた時にかぶるのがばたばたするし、日本のオフィスでは結構恥ずかしい)
・現在は番号体系やPCの起動状況の関係で、完全に電話の代わりをすることが難しいし(⇒結局普通の電話も残さざるを得ないんだったら、そっちでいい)
・誰かのPCに電話がかかってきても、他の人が代わりに取れないし(⇒日本のような誰かが変わりに電話を取る文化には馴染まない)

 一般的な企業を相手に普通に考えれば確かにそうだ。
 ただ、小規模なIT系の企業とかに閉じてみると、案外上記は問題にならないような気がする。

 IT系の会社は、メールでのコミュニケーションが中心になるので案外電話を利用するシチュエーションは少ないことが多い。
 そう考えれば、上記の批判的な意見をクリアするのは案外簡単だ。

 例えば、オフィスにかかってくる電話は、今までどおり普通の電話で受ければいい。
 ただ、個人ごとの電話はSkypeInの番号とかにしてしまっても良いだろう。席を外すときはPCを切ってしまえば、Skypeができないとき=電話で話ができないとき、なのだから留守番機能が動作すればいい。

 自分が電話をかけるときはPCが席にあるんだから、そのPCを使えばいい。
 以前にも「Skype、有料IP通話サービスの試験提供を開始 を読んで」で書いたが、SkypeOutを使えばSkype利用者にも普通の電話番号にもPCから電話をすることができる。

 ヘッドセットは確かにうっとおしいが、BlueTooth対応ヘッドセットなんかが出てきているし、慣れれば両手が自由になるので逆に便利なのに気づく。

 そもそも何で席にPCのような大きい箱が置いてあるのに、電話機のような小さい箱を並べて置かなければいけないんだったっけ?

 番号をボタンで押してかけるから?
 別に電話アドレス帳もPCに入っているんだから、携帯電話でかけるようにアドレス帳から相手を探して一発でかける方が自然な流れじゃないんだろうか?

 そうすれば、その会社は多機能電話機とか高価な交換機とか無駄な買物はしなくて済む。(もちろんコールセンター機能は別で必要になるだろうが、それはアウトソーシングしても良いだろうし)


 なんだかそうやって考えれば考えるほど、自分が過去の常識に囚われている古い人種になってしまっていたような気がしてしまった一日でした・・・
| P2P | 22:08 | comments(4) | trackbacks(28) |
[P2P]Skype、有料IP通話サービスの試験提供を開始 を読んで
Skype、有料IP通話サービスの試験提供を開始を読んで。

 すっかりこのニュースを取り上げるのが遅くなってしまった。


 以前自分のブログで書いたこともあるが、私はPCから発信する形のインターネット電話は日本ではそれほど普及しないだろうと思っていた。
 ただ、最近微妙にその考えは変わってきている。

 私がコラムでSkypeを取り上げたのは5月の話になるが、それから数ヶ月でかなり日本においてもSkypeの認知度は上がってきているようだ。

 各種IT系雑誌はおろか、週刊ダイヤモンドなどの一般誌でも取り上げられるようになっているし、最近ブログでSkypeの書き込みを見ない日は無い。
 例えば、磯崎さんのブログではここしばらく実に丁寧にSkypeのレポートがされている。

 
 もちろん磯崎さんのケースは、あくまで国際会議がきっかけであって、一般的な日本企業の前例としては少し特殊かもしれない。
 やはりヘッドセットに対する抵抗感が日本と米国では違うと思うし、この感覚は変わらない。
 
 ただ、このSkype Outでの一般電話との連携サービスのビジネスモデルを見ていると、案外これならいけるのかもしれないとも思えてくる。

 磯崎さんが「道に落ちてる直径30cmのケーキに出くわしたアリさんモデル」と表現しているが、それでいいのかもしれない。
 Skypeの設備投資は、P2Pの特性もあり、通常の電話設備の投資金額に比べて極端に小さいはずだ。小さいことを考えると、現状の音声電話市場の一部を取ってこれるだけで十分利益が出るということだ。

 
 例を考えてみよう。

 現状のSkypeで、会社のビジネスホンの置き換えをするのはまだ厳しい。
 ただ、例えばうちの会社のようなベンチャー企業では、実は開発者の席にはビジネスホンを置いていない。
 もちろんほとんど必要が無いから置いていないのだが、たまに電話をかけたいときにこれが結構困る。

 でももちろんパソコンは持っているわけだから、それこそヘッドセットだけ買ってあげて必要なときだけSkypeで電話をしてもらえばいい。
 PCの起動時間を考えると、Skypeで電話を受けるのは厳しいかもしれないが、かけるだけと割り切れば結構便利かもしれない。

 Skypeに入るのはもちろん非常に少ない接続料だが、積み重ねれば結構いい金額になるかもしれない。
 そうやって考えていけば、結構細かく切り取れる電話市場は存在するのではないだろうか?

 当初の予想に反して、SkypeはPC電話の形態でも思ったよりも普及する可能性があるのでは・・・と思ってしまう今日この頃です。
 
| P2P | 23:50 | comments(4) | trackbacks(29) |
[P2P]P2Pとネットワーク技術の未来にあるもの を読んで
CNET Japan Blog - 江島健太郎 / Kenn's Clairvoyance:P2Pとネットワーク技術の未来にあるものを読んで

 江島さんが現状のP2P業界を取り巻く雰囲気を、分かりやすい言葉でまとめている。


 Winnyの開発者逮捕をきっかけに、インターネット上では様々な議論が巻き起こっていた。もちろんその中心は著作権や開発者の権利に関するものだったが、同時に「P2P技術とWinnyの問題をごっちゃにするのはおかしい」という議論も一部で始まっていた。

 開発者の逮捕という事件をきっかけに、議論が反対側に触れるというのも何だかおかしな話だ。
 正直不謹慎な話だが、事件をきっかけに有識者の間で、これからP2Pはどうなるのか?という興味が逆に戻ってきて、意外に追い風になっていたりする。
 
 例えばCNETの渡辺さんITmediaがアリエルの小松社長にインタビューしたり、「P2Pは悪くない」というタイトルでの日経コミュニケーションの記事が出たり。
 P2P電話のSkypeもここに来て、週刊ダイヤモンドや東洋経済で取り上げられるなど注目を浴びている。

 不思議なものだ。

 
 ただ、もちろんこの話はあくまで一部の有識者や記者に限った話。
 社会全体のP2Pに対するイメージはあくまで不正ファイル交換やアンダーグラウンドであり、これを今更ポジティブに変換することは、江島さん下記の指摘のとおり不可能に近いだろう。(P2Pの啓蒙コラムを書いている私が、こんなことを書くのも変だが)

実際問題として、世間的にはP2PといえばWinny事件などをめぐって「違法ファイル共有」「著作権侵害」といったネガティブ・キーワードと生々しくリンクされて記憶に刻まれてしまった。反体制的なイメージが濃すぎて、もはやP2Pという技術に対する冷静な議論の機運を逸してしまい、とにかく印象として「クロ」なのだ。

 ただ、この問題に対するソリューションは単純だ。
 P2Pという言葉を使わない、もしくは別の言葉で表現すればいい。
 実際問題、米国ではすでにP2P関連技術の企業は、P2Pという単語を使用していない。グリッドやリレーネットワークというような言葉で置き換えている。

 日本では、オーバーレイネットワークが定着するのだろうか。
 (個人的には言葉が長いのがあんまり好きではないが(笑))

 
 個人的な興味は、江島さんが終盤にかかれている部分だ。

 先日の森さんのサーバー型放送についての話で出てくるコンテンツ周りの利権とは別に、P2P型のコンテンツ配信では味方になるはずのブロードバンド事業者が乗り気にならないという課題がある。

 江島さんが書いている「xDSL技術が暗黙に仮定してきた、Web型トラフィック主体の上り下りの非対称性が、P2Pだと崩れてくる」という点だ。
 結局45MbpsのADSLでも上りはせいぜい1〜3Mbpsしか出ない。対象のP2P通信は現状ではできないわけだ。
 
 単純な話、それならFTTH推進派のNTTグループが、この特徴を上手く使うべきだろう。FTTHなら上りも下りも高速で実現できる。
(逆にいうと、現在FTTHがADSLに対して持つ優位性はそれぐらいしかなくなりつつある) 
 実際、NTTグループはFLET'S.NETやSIO-Netなど研究所を中心に、既に多くのP2P技術の蓄積がある。

 江島さんの記事を読む限り、まだまだNTTの中でも課題は多いようだが、是非亀井さんたちに頑張って欲しいものだ・・・
 (それにしても江島さんが亀井さんの後輩とは知らなかった・・・スモールワールドというかなんというか・・・)
| P2P | 23:56 | comments(4) | trackbacks(28) |
| 1/5PAGES | >>