CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
イー・アクセスはHSDPA、鷹山はWiMAXで携帯参入
イー・アクセス、下り最大14.4MbpsのHSDPA方式で携帯電話参入へ - CNET Japanを読んで。

 携帯電話事業への参入表明が激しいですね。

 イー・アクセスは第3.5世代と呼ばれるHSDPA(High Speed Downlink Packet Access)方式で通信速度が下り最大14.4Mbps。
 実地試験の開始を発表した鷹山は、無線ブロードバンド通信規格であるWiMAX(IEEE 802.16-2004)方式で通信速度は20〜75Mbpsだそうです。

 ソフトバンクBBへの800MHz帯割り当てが見送りと報道された後に、次々と表明されるあたりが、一応タイミングを見計らっていたということでしょうか。

 ソフトバンクにしろ、イー・アクセスや鷹山にしろ目指すのは2006年に予定されている番号ポータビリティ制度導入のタイミングでの顧客シェア移動のシェア確保でしょうが。
 さぁ、はたしてどれだけ彼らには勝算があるのでしょうか?


 当然、既存の携帯電話事業者も、それまでにお財布ケータイやゲーム機能などの端末の付加価値で利用者を囲い込もうと必死です。(このままだとボーダフォンの利用者が草刈場になるという説もありますが)

 イーアクセスにしても鷹山にしても売りにしているのは、データ通信の定額制と高速性。さらに鷹山はBBフォン等と同様、自社ユーザー間の通話は無料にする模様です。

 個人的には、いわゆるモバイルでの高速通信を必要とする利用者がまだそれほどいないことと、当初は利用エリアが限定されるだろう事から、これだけのメリットではインパクトが弱い気もします。
 定額制と言う意味では旧DDIポケットであるウィルコムが実は一番有力だと言う人もいますね。

 はたして新規参入事業者は、ISDN時代に参入したADSL事業者と同じ成功ストーリーを、移動通信においても再現できるのか。

 それとも、一般電話のマイライン導入時の顧客獲得合戦のように、お互いに疲弊するだけでほとんどシェアが変わらないと言う状態になるのでしょうか?
| 通信業界 | 23:41 | - | trackbacks(3) |
どうするどうなるボーダフォン?
津田志郎ボーダフォン社長兼CEOが2005年4月に会長へ、CEO職は空席に - CNET Japanを読んで。

 以前ボーダフォンに、NTTドコモ出身の津田志郎社長が内定したときに、想像に任せていろいろと書いた ことがありますが。


 なんと、津田社長は社長就任2ヶ月であっさり社長兼CEOを外れて会長になるようです。

 無理矢理ひいきめに見れば、ルノーから日産にカルロス・ゴーンがやってきたときのように、日本人会長と本社外国人社長のタッグ体制を整えることができた、と言えるかもしれませんが。

 2ヶ月での人事異動、CEOは空席、現COOは3月末で退任と、ここまで材料が並んでしまうと、傍目にはどうも迷走状態にあるように見えてしまいますね。


ITmediaの記事によると、「社長職を退いた津田氏だが、経営の一線を退くわけではない。自身は代表執行役会長に就任し、モロー氏と2頭体制を築く考えだ。明確なトップを示す “CEO”のポストは置かない。「トップは誰かと言われれば……『社長はモロー氏だ』と答えざるをえない」(ボーダフォン)。津田氏は、「二人三脚」の関係を強調している。」とのことです。

 どうにも煮え切らない状態に見えてしまうのは私だけでしょうか?
 個人的には、責任分担の明確でない二人三脚が経営において機能するかどうかと言われると、ちょっと懐疑的なところがあります

 
 ちなみに。CNETの別の記事によると、ボーダフォンの1月の契約数は何と約6万件の純減になってしまったようです。
 全体のシェアは相変わらずトップをひた走るドコモに対し、純増数で良い勝負をしているau。
 その二社に比較すると、ボーダフォンがかなり苦境に陥っているのは明らかですね。

 一時期auが社名変更をしたばかりの頃は、写メールの大ヒットもあって飛ぶ鳥を落とす勢いだったJフォン時代。当時、業界2位になるのは時間の問題というような発言もあったように記憶していますが。
 今となっては、経営がさらに悪化したボーダフォンをソフトバンクが買収する、というシナリオも、全くありえない話ではなくなってきていような気がしてしまいます。

 はたしてボーダフォンは、今回の人事で体制の建て直しははかれるのでしょうか?
| 通信業界 | 00:19 | - | trackbacks(3) |
さようならAT&T。NTTコミュニケーションズはどうなる?
SBC、AT&Tを160億ドルで買収へ--米通信業界再編さらに加速 - CNET Japanを読んで。

 いよいよ来るべきものが来たと言うべきなのでしょうか。
 AT&TがSBC Communicationsに買収されるようです。


 AT&Tといえばアメリカを代表する通信会社だったわけですから、それが買収されて無くなってしまうというのは、誤解を恐れずに例えるなら日本でNTTが無くなるのと同じ出来事。

 まぁ実際には、現在のAT&Tは長距離電話サービスの提供会社なので、NTTで言うところのNTTコミュニケーションズ。
 AT&Tを買収するSBCコミュニケーションズが、NTT東日本や西日本のような地域ローカル会社にあたりますから、正確に言うと規制で分割された兄弟会社がまわりまわって元に戻っただけと言うこともできます。

 
 一時期は規制で縛られている地域電話会社に比較して、ISP事業などの様々な新事業の可能性がある長距離電話会社に脚光があたっていた時代がありましたが、気がついたら結局インフラを保有している地域会社のほうが足腰が強い、というのが最近通信業界で起こっている出来事のようです。
 さらに米国の最近の傾向としては、買収を中心とした業界再編によって、結局寡占化が進むのではということも予想されているようですね。

 
 そこで個人的に気になるのは日本の今後の展開。
 最近のIP電話サービスの普及によって、NTTコミュニケーションズの長距離電話サービスの存在意義は明らかに薄れつつあります。

 そういう意味で時代の流れとしては、結構米国と同様になってきている気もします。
 昔からNTTグループの再再編成も良く噂されますが、はたしてどうなるのでしょうか?
| 通信業界 | 23:58 | - | trackbacks(1) |
アカデメディア「音楽会議」に見る音楽の未来
 先日、アカデメディアの第一回目となる「音楽会議」に参加してきました。


 アカデメディアは、昨年に百式の田口さんとPassion for thr Futureの橋本さんが開催していた「無敵会議」の後継会議として、田口さんとWinbitのヒロナカさんによって開催される新しいオンラインメディアの形を模索する異業種交流イベント。

 無敵会議の形式を引き継ぎつつ、より現場に近づいた視点から特定の企業の事業をもとにディスカッションを繰り返していくことになるようで、第一回目はYAMAHAのプレイヤーズ王国が題材となりました。

 
 プレイヤーズ王国は、自分の作品を公開することができるのが特徴の、SNS的な要素ももっている音楽コミュニティ。

 SNSといえば何と言っても30万人を突破したmixiが代表ですが、このプレイヤーズ王国も「音楽」特化にも関わらず、すでに登録ユーザーは5万4千人を超え、1400万PVという堂々の数字を叩き出しているそうです。

 さらに個人的に興味を持ったのが、登録曲数が28,000曲にも達している点。
 いわゆるアマチュア音楽家の、自分の作った曲をインターネットを通じて公開したい、みんなに自分の曲を聞いて欲しいと言うエネルギーを感じます。
 当日の詳細はueBLOGさんのメモや、プレゼンをされたYAMAHAの須田さんのブログなんかで詳しく紹介されているのでそちらを見ていただくとして。


 印象的だったのが、プレゼンをされたYAMAHAの須田さんの「音楽はもっと身近なもののはず」という趣旨の締めくくり。
 「音楽」というと、どうしても素人からするとプロの曲をCDやダウンロードを通じて楽しむと言うイメージが強いのですが、そう言われれば生活の中の鼻歌も音楽だし、カラオケもそう、小学校の音楽の授業にしても、人に聞かせるものではなく自分が楽しむはずのもの。

 考えて見れば、ブログによって大手メディアだけでなく個人が情報発信ができるようになったのと同じで、インターネットによって大手音楽レーベルだけでなく、個人レベルで音楽を製作したり発信することができるようになる可能性が大いにあるんだなぁとしみじみ思いました。

 実際に、プレイヤーズ王国を通じて、ある人が作った曲に、別の人が詩をつけて、また別の人がコーラスをつけて、また別の人がアレンジして・・・というコラボレーションも発生しているそうで。
 音楽の未来の姿の一つを垣間見た気分になりました。


 ちなみに、会場でプレイヤーズ王国発のアーティストとして紹介された飯窪早織さんの『Love Song』は、マジにイイデス。
 是非聞いてみてください、一人で。
| 通信業界 | 23:10 | - | trackbacks(6) |
日本のブロードバンドは儲からない?
日本のソフトバンク型ブロードバンドは失敗? : IT Pro 記者の眼を読んで。

 現在の日本のブロードバンドを巡る環境を考える上で非常に参考になる記事です。
 「日本のブロードバンドはすごいね」・・・。昨年末に取材で訪れた英国で,繰り返し言われたのがこれ。褒められてうれしくなったのもつかの間,「だけど日本みたいにはなりたくないな」と必ず言われてしまう。

 英国は、いまだに256〜512kbpsがブロードバンドの主力だそうで、日本国内でADSLが40Mbps台、FTTHで100Mbps台を中心に高速化を売りに競争が起こっているのとは雲泥の差があります。

 やはり、英国の通信事業者からすると「節操なく続くスピード競争で,ビット単価(1ビット通信当たりにユーザーが支払う料金)を落とすのはまっぴらごめん」というのが本音のようです。


 まぁ、そう言われて振り返って見ると、日本国内のブロードバンドサービスはYahoo!BBが口火を切った価格競争で、「誰も儲からない」水準での競争が続いていると言われます。

 Yahoo!BBがサービスを開始した当初は、多くの通信事業者が「あんな価格帯で儲かるわけが無い」と嘆きつつも、やむを得ず追随したと言うのが実情でしょう。
 欧米の通信事業者が、この轍は踏みたくないと願うのも当然な気もします。

 
 ただ、その代わり大きなメリットを享受している人もいます。
 我々利用者はもちろん最大の受益者です。
 
 今なら4千円も払えば十分すぎるほどのブロードバンド環境を自宅に整備することができます。
 利用するたびに通信料金を気にして頻繁に接続を切ったり、テレホーダイタイムに固執する必要もなくなりました。


 記事にあるように『「通信料金を安くしてアプリケーションでもうける」という成功モデルをはっきり示せた事業者はいない』というのは、確かに通信事業という視点ではそうですが、バブルを乗り越えたインターネット関連事業者はブロードバンドの普及に後押しされるように事業を拡大しています。

 つまり、実際には通信料金の低下によってアプリケーションで儲ける事業者は増えてきているわけで、通信事業者にとっての問題は、現状の通信事業の収益と、アプリケーションでの収益の規模が差がありすぎる点なのかなぁと感じます。
  
 
 そういう意味では、日本のインターネット関連事業者は、世界的に見ても非常に良い事業環境にあり、有利な立場にあるとも言えるはずですね。
 これなら世界をリードするブロードバンド産業が日本から生まれて当然・・・と思うのですが、あまりグローバルに展開できているという話を聞かないのが残念です。

 そういえば、携帯電話周りのコンテンツ事業も、結局あまり国際展開できていないような・・・
 やはり言語が問題なのか、それともそもそもインターネット関連事業ってのはドメスティックなものなのでしょうか?
| 通信業界 | 23:06 | - | trackbacks(1) |
| 1/8PAGES | >>